LocalizeWinTab

WinTab API

LCS/Telegraphics

Wintab* Interface Specification 1.1:

16- and 32-bit API Reference

By Rick Poyner

Revised May 9, 1996

This specification was developed in response to a perceived need for a standardized programming interface to digitizing tablets, three dimensional position sensors, and other pointing devices by a group of leading digitizer manufacturers and applications developers. The availability of drivers that support the features of the specification will simplify the process of developing Windows application programs that incorporate absolute coordinate input, and enhance the acceptance of advanced pointing devices among users.
This specification is intended to be an open standard, and as such the text and information contained herein may be freely used, copied, or distributed without compensation or licensing restrictions.

This document is copyright 1991-1996 by LCS/Telegraphics.*

Address questions and comments to:

LCS/Telegraphics
150 Rogers St.
Cambridge, MA 02142
(617)225-7970
(617)225-7969 FAX
Compuserve: 76506,1676
Internet: wintab@pointing.com

注意
"(1.1)" でマークされたセクションは、1.1仕様で追加されたものです。
"(1.1 modified)" 表示のあるセクションには、1.1仕様での変更点を記載しています。

総合目次

  1. 背景的事項
    1. デジタイザの機能
    2. Windows 環境
  2. デザインのゴール
    1. ユーザコントロール
    2. プログラミングのしやすさ
    3. タブレットの共有
    4. タブレットのサポートする機能
  3. デザインコンセプト
    1. デバイス規約
    2. デバイス情報
    3. タブレットコンテクスト
    4. イベントパケット
    5. タブレットマネージャ
    6. 拡張
    7. インタフェースフィーチャの持続的なバインディング (1.1)
  4. インタフェースの実装
    1. ファイルとモジュールについての規約
    2. フィーチャサポートオプション
  5. 関数リファレンス
    1. 基本的な関数
      1. WTInfo()
      2. WTOpen()
      3. WTClose()
      4. WTPacketsGet()
      5. WTPacket()
    2. 表示関数
      1. WTEnable()
      2. WTOverlap()
    3. コンテクストを編集する関数
      1. WTConfig()
      2. WTGet()
      3. WTSet() (1.1 modified)
      4. WTExtGet()
      5. WTExtSet()
      6. WTSave()
      7. WTRestore()
    4. 高度なパケットとキューに関する関数
      1. WTPacketsPeek()
      2. WTDataGet()
      3. WTDataPeek()
      4. WTQueuePackets() (16-bit only)
      5. WTQueuePacketsEx()
      6. WTQueueSizeGet()
      7. WTQueueSizeSet()
    5. マネージャハンドル関数
      1. WTMgrOpen()
      2. WTMgrClose()
    6. マネージャコンテクスト関数
      1. WTMgrContextEnum()
      2. WTMgrContextOwner()
      3. WTMgrDefContext()
      4. WTMgrDefContextEx() (1.1)
    7. マネージャ設定関数
      1. WTMgrDeviceConfig()
      2. WTMgrConfigReplace() (16-bit only)
      3. WTMgrConfigReplaceEx()
    8. マネージャパケットフック関数
      1. WTMgrPacketHook() (16-bit only)
      2. WTMgrPacketHookEx()
      3. WTMgrPacketUnhook()
      4. WTMgrPacketHookDefProc() (16-bit only)
      5. WTMgrPacketHookNext()
    9. マネージャ優先データ関数
      1. WTMgrExt()
      2. WTMgrCsrEnable()
      3. WTMgrCsrButtonMap()
      4. WTMgrCsrPressureBtnMarks() (16-bit only)
      5. WTMgrCsrPressureBtnMarksEx()
      6. WTMgrCsrPressureResponse()
      7. WTMgrCsrExt()
  6. メッセージリファレンス
    1. イベントメッセージ
      1. WT_PACKET
      2. WT_CSRCHANGE (1.1)
    2. コンテクストメッセージ
      1. WT_CTXOPEN
      2. WT_CTXCLOSE
      3. WT_CTXUPDATE
      4. WT_CTXOVERLAP
      5. WT_PROXIMITY
    3. 情報変更メッセージ
      1. WT_INFOCHANGE
  7. データリファレンス
    1. 共通データタイプ (1.1 modified)
    2. 情報データ構造体
      1. 情報カテゴリとインデックス (1.1 modified)
    3. コンテクストデータ構造体
      1. LOGCONTEXT (1.1 modified)
    4. イベントデータ構造体
      1. PACKET (1.1 modified)
      2. ORIENTATION
      3. ROTATION (1.1)
  8. 付記A: PKTDEF.h の使用方法
  9. 付記B: 拡張定義
    1. 拡張プログラミング
    2. 境界外トラッキング
    3. ファンクションキー
    4. 傾き
    5. カーソルマスク
    6. ボタンマスクの拡張