Managing Property SetsProperty Set Implementations in COM

COM におけるプロパティセットの実装

永続的なプロパティセットの潜在的な用途が限定されていない場合、一般に二通りの主要な用途があります。

COM プロパティセットは、きめ細かい値の適度なサイズのコレクションとして適したデータを保存するよう設計されています。 非常に大きなデータセットを適切に利用するには、個別のストリーム、ストレージ、プロパティセットに分割すべきです。 COM プロパティセットデータ形式は、大量の小さなオブジェクトからなるデータベースの代わりを提供するものではありません。

COM は、3つのヘルパ関数と共に、様々なオブジェクトのプロパティセットインターフェイスの実装を提供します。 以下のセクションでは、これらの実装における性能の特色について記述しています。 各インタフェースの詳細情報と、各インタフェースポインタの取得方法は、以下の COM リファレンスセクションを参照してください。

さらに、プロパティセットからメモリ(PROPVARIANT 構造体)に読み込まれたプロパティを容易に扱うよう設計された 4つのヘルパ関数があります。

以下のセクションでは、COM のプロパティセット実装に関する詳細が示されています。