Managing Property SetsProperty Set Considerations

プロパティセットの考察

プロパティセットストリームは、あるプロパティの読み込み/書き込みが可能になる前にメモリに読み込まれるため、プロパティセットは小さくすることが強く推奨されます。 "小さい" とは、データが 32キロバイト以下であることを意味します。 "インライン" のプロパティは、説明文、キーワード、タイムスタンプ、数、製作者名、グローバルユニーク識別子(GUID)、クラス識別子(CLSID)などの小さなアイテムであるため、通常はほとんど問題を起こしません。

データの大きなチャンクを保存する場合、またはプロパティセットの総計が推奨された量を大きく上回る場合、VT_STREAMVT_STORAGE のような非シンプルタイプを使用することを強く推奨します。 これらはプロパティセットストリーム内には保存されないため、プロパティに初めてアクセスし書き込みする初回オーバーヘッドに大きな影響がありません。 プロパティセットストリームは兄弟となるストレージまたはストリーム値プロパティの名前を含んでいるため、わずかなオーバーヘッドがあり、このプロセスには更にわずかな時間がかかります。

詳しい情報は以下を参照して下さい。