Structured StorageFundamentalsStorage Object Naming Conventions

ストレージオブジェクトの命名規約

ストレージやストリームオブジェクトは、規約の集合にしたがって命名されます。

ルートストレージオブジェクトの名前は、基礎となるファイルシステムでの実際の名前になります。 この場合、命名規則はファイルシステムが課する規則や制限に従います。 ストレージ関連の手続きや関数に渡されたファイル名文字列は、解釈も変更も行われず、ファイルシステムに渡されます。

ストレージオブジェクトの中にネストされたエレメントの名前は、ストレージオブジェクトの実装毎に別個に管理されます。 ストレージオブジェクトの全ての実装は、ネストしたエレメントで、NULL 終端を含めて 32 文字の名前をサポートしなければならず、実装によってはそれより長い名前をサポートする場合もあります。 ストレージオブジェクトが文字ケースの変換を行うかどうかは、実装に依存します。 結果として、エレメントの名前を決定するアプリケーションは、文字ケースの変換が実行されても、されなくても受け入れられる名前を選択しなければなりません。 複合ファイルの COM での実装は、最大 32文字の名前をサポートしており、いかなる文字ケースの変更も行いません。